アラサー主婦の、のんたんです

初めまして、アラサー主婦です。自分で認める干物女の、のんたんといいます。^^;

結婚して6年目です。子供はまだ授かっていなくて、夫と二人暮らしです。

新婚当初は夫に気を使い、家でもお化粧したり洋服も少しはちゃんとしていましたが、今となっては、家では髪はボサボサ、スッピンに眼鏡、部屋着はすべて5年くらい着ている伸びきったTシャツなど。

と言いつつ、まだ20代なので、外に出かけるときは、オシャレもしますし、髪の毛もコテで巻いたりするもんだから、夫から、差が激しすぎる!家でももうちょっとキレイにして!と、さんざん言われ、このままではヤバいなぁと思ってきた今日この頃なんです。

夫婦仲は悪くないのですが、このまま干物女を続けていたら、浮気されるかも!離婚なんてされたら大変!と心配になり、子作りもまだあきらめていないので、ちょっとちゃんとしようかな~と。

というのも、同じく干物女の主婦の友達がいるんですが、絶対に浮気なんてするタイプじゃない!と言っていた旦那さんが、会社の後輩の女の子と2年も不倫していたことが発覚したそうで。その話を聞いて、他人事じゃないなってあせっちゃったのですね。

そう思い立ったら吉日!

先週末も干物女らしく、ずーっと引きこもりでしたが、いつもの引きこもりとはちょっと違い、家の中で、ひたすらやっていたことがあります。(^◇^)

そう♪断捨離です。

結婚6年ここまで干物女になってしまうと、怖いものもなくなり、変なプライドだけに縛られるようになります。

まずはそんな自分と決別したいと思い、身も心もスッキリ!できるように断捨離を決行いたしました(‘◇’)ゞ

最近、断捨離ブームで本もたくさん出ていますね~。

実は、まず、こんまりさんの本を読んだのですが、ときめく、ときめかないで仕分け、というのは乙女でないので無理でした(笑)。ときめきを忘れて何年が過ぎ去ったのでしょうか…

そこで、私が参考にしたのは、ライフオーガナイザーというものです。

簡単に言うと、現状を俯瞰し、理想のゴールを設定。そのためにはどうしたら良いかを考える的な感じです。

とりあえず狭い場所から始めるべきとのことだったので、食器棚から取り掛かることにしました。

我が家の食器棚を、まずはそのまま受け止めました。

新婚の頃に買ったペアのお皿やマグカップがわんさか…

そして、いつか子供が生まれたり、家に人がたくさん来ることを予定してそろえた、5客セットのカップ&ソーサーやデザート皿など。

ゴールの設定の仕方を間違えていたのですね。いつかくるって予定は未定。実はもう何年と、家に人は呼んでいません(笑)。

そこで、私は決めたのです!!

まずは、夫婦二人で仲良く楽しく暮らせて、毎日、美味しいご飯を作る生活を送ると!!

そうと決まったら、一度も使っていないお気に入りではない食器はいりません。よく見たら、貰ったものが多くて、自分が気に入って買ったものはほとんどなかったのです。

お気に入りの数点だけを残して、あとは処分しました。

残ったお皿を見たらすっきり~!!気持ちいい!!私は何に縛られてたんだ!?と爽快な気持ちになりました。

使ったことが一度もなくて見るたびに胸がチクりと痛む、友だちからプレゼントされたお皿と決別できて、身も心も解き放たれたんです。

断捨離っていいです!!

すごくいいです。自分の気持ちもスッキリさせるんですね。モノと心はリンクしてると気付きました。

また一皮むけた週末なのでした(*´▽`*)

主人からは、3日坊主なんじゃないの~?なんて笑われていますが、でも、残ったお気に入りの食器で一緒に食事をして、まんざらでもなさそうです。

干物女脱出、がんばるぞ~(*´Д`)